大山ルーツ〜写真を通して大山のルーツを知ろう〜

書き手プロフィール
薮田 佳奈
のまど間管理人。 兵庫県淡路市出身、流れるままに大山町に移住。 最近覚えた「縁側でのお茶」の時間が何よりのしあわせ。 のまど間や大山町内で起こる日常について書いていきます。
Pocket

肌寒い今日この頃。

ネタの宝庫大山町では、一足先に芸術の秋が始まりました。

さてさて、今回のprojectは!!

大山ルーツ〜写真を通して大山のルーツを知ろう〜

11999078_415103675365837_8259738318219798696_n

大山町は、旧中山、名和、大山町の3町が合併して、2005年に大山町になりました。

大山ルーツは、この旧3町をプロの写真家と一緒に歩きながら、写真を通してまちの歴史やひとの魅力を再発見しよう!という全3回のプログラムです。

第1回目は豪華2本立て!

 

1日目

地域と写真トークイベント

テーマ:写真の力で地域はどう変わったのか

日時:10月11日(日)19時〜21時

定員:20名(要予約)

費用:無料

 

ご予約は薮田まで → 080-2942-6517

FBページもあります。

各地での実際の事例を紹介してもらいながら、「写真の力で地域がどうかわったのか?」をお話いただきます。

 

2日目

プロのカメラマンと行く!町の撮り歩きワークショップ

日時:10月12日(月祝)9時〜15時

内容:町の撮り歩き&とった写真の講評会

撮影場所:御来屋地区

集合場所:大山町役場(8時50分集合)

費用:1500円

持ち物:カメラ(スマホのカメラ機能はNG)

定員:20名(要予約)

FBイベントページからもご予約いただけます。

 

プロの目、プロの技術、写真のおもしろさを知れるまたとないチャンスです。

早い者勝ち!ご予約はお早めに!!

 

☆講師のご紹介☆

写真家:MOTOKOさん

11992209_1037716359606806_1697122711_n

大阪府出身。
1990年大阪芸術大学美術学部卒業。その後2年間渡英し写真を学んだ後、1996年東京で写真家としてのキャリアをスタ ート 2006年 滋賀県の農村をテーマとする「田園ドリーム」の撮影を開始 近年では、写真と地域をテーマに地方での活動が多い。(滋賀県のほか、小豆 島、長崎県東彼杵町など。) 展覧会 田園ドリーム(2012、銀座ニコンサロン)、  展覧会小豆島の顔 (2013、小豆郡土庄町)など 作品集に『Day Light』(ピエブックス)『First time』(ソニーマガジンズ) 『京都』(プチグラパブリッシング)など。
写真家:ほりこしかずたかさん

11996924_723703487741720_1294473352_n

神奈川県川崎市出身。

発電プラントの設計メーカーに勤めていたが、2011年の東日本大震災を機に、モノの設計ではなく人のつながりを仕事にしたいと考え、2013年に退職。

2014年より長崎県東彼杵町にて地域おこし協力隊として活動。写真による町づくりプロジェクトなど、写真を中心とした活動を行う。

2015年より、発想をカタチにする場所としておいしいデザイン事務所UMIHICOを東彼杵町に開業。

トークイベントでは、実際の事例を紹介してもらいながら、「写真の力で地域がどうかわったのか?」をお話いただきます。プロの目、プロの技術、写真のおもしろさを知れるまたとないチャンスです!

主催:こっちの大山研究所

 

書:やぶ

Pocket

のまど間BLOGについて

鳥取県大山町にある田舎暮らしの入門道場「のまど間」からリアルな田舎暮らし情報をお届けします。

RSSを登録

follow us in feedly