大山町の皆様!平成の終わりと令和の始まりはビールを飲もう

書き手プロフィール
矢野竜広
1980年生まれ。会社員コピーライター、放送作家を経てフリーランスに。2013年、住み慣れた東京を離れて鳥取県へ。自宅にオフィスヤノを構え、WEBデザイナーの妻とともに夫婦で在宅ワークにいそしむ。無類のビール好き。 ブログはビアエッセイ・ドットコム。ツイッターのフォローはこちらから。
Pocket

1989年1月。
小学2年の冬に時代は昭和から平成に変わった。
それから30年後の2019年5月。
平成が終わり、時代は令和に変わる。
つまり、何が言いたいか?
ビールを飲もうではありませんか。

ダラズFM聞いてる人0人説を払拭したい。

先日、ダラズFMに行ってきました。
番組名は「夕刊ダラズ+」、MCは大山チャンネルでもお馴染み、青木郷香さん。
夕刊ダラズ+水曜日17時台の人気コーナーと言えば、
「十人十色好きなら問題ない!」。
大山町で何かに夢中になっている人をゲストに招いて、
「好き」を叫んでもらおうというコーナーで、
もはや僕のために作られたコーナーと言っても過言ではない。
…そう感じました。

自己紹介に始まり、ビールが好きになったきっかけ、
そして、告知をさせていただきました。

・4月28日のサンデービールテント@友好館
・5月11日のちょいクラ

この2イベントをPR。

これまでダラズFMさんには何度も
出演させていただきましたが、
「ダラズFMを聞いたよ!」と言われたことも
「ダラズFMで知って申し込みました」
と言われたこともないので
「ダラズFM聞いてる人0人説」があったのですが、
どうやら今回もその説を払拭できていないので、
恥ずかしがらずに「ダラズFM聞いたよ!」と
声をおかけいただけると幸いです。

90%OFFにしてもなかなかシェアされない問題。

といわけで、間近に迫ったサンデービールテント。
2017年はコミュニティ食堂tanocyにて。
2018年は四季彩園にて。
2019年は友好館にて。

こんなに短期間で会場を変え続けているイベントがあるでしょうか。
決してたらい回しにされているわけではありません。
「よい良い場所で乾杯したい」
そんな思いで活動をしていたら、
いつの間にか毎年会場が変わっているだけなのです。

今年は初めての友好館前開催ということで、
皆さんに来てもらうべくFacebookの「シェア割」を行っています。

Facebookに書いている通り、

・投稿をシェア
・会場で注文の際に「シェアしたよ!」と伝える

これだけで先着10名様に限り、
1ℓジョッキビール1000円を90%OFFの100円に値引きしてしまう、
あまりにも無謀な太っ腹企画です。

ところが、シェア数が伸びない伸びない。
既にシェアしている人も身内の人ばかりなので、
今からでもかなり高い確率で90%OFFになると思います。

「Facebook見てる人0人説」はないと思いたいので、
こちらも恥ずかしがらずにシェアいただけると幸いです。

つまり何が言いたいのかというと。

サンデービールテントが終わり、
令和に入り、ゴールデンウィークが終わった週末には
「ちょっとずついろいろなクラフトビールを飲む会」
略して「ちょいクラ」があります。

実は書道家の母に看板を書いてもらいました。
会としての確かな存在を今後アピールしていく所存です。

今回は、会の名前にも入っている
クラフトビールに迫り、「クラフトビールって何?」
というテーマでお話をし、その内容に沿った
ビールを皆さんとちょっとずつ飲みたいなと思っています。

参加の意思はぜひこちらでお願いします。
https://www.facebook.com/events/2595961277145422/

長々と書いてきましたが、
つまり、何が言いたいか?
ビールを飲もうではありませんか。

Pocket

のまど間BLOGについて

鳥取県大山町にある田舎暮らしの入門道場「のまど間」からリアルな田舎暮らし情報をお届けします。

RSSを登録

follow us in feedly