まちづくりライターが見た移住のリアル

書き手プロフィール
薮田 佳奈
のまど間管理人。 兵庫県淡路市出身、流れるままに大山町に移住。 最近覚えた「縁側でのお茶」の時間が何よりのしあわせ。 のまど間や大山町内で起こる日常について書いていきます。
Pocket

先日開催されました、トークイベント。

まちづくりライターが見た移住のリアル

お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

 大見謝さん。

今回のイベントをさせてもらったのは、純粋に自分が聞きたかったから。

昨年度企画したブロガーインレジデンス(今年度もします!)に参加してくれた大見謝さん。

ちょっと珍しい移住系ライターです。

imgp3808

現在は拠点を自身の地元である沖縄と東京の二箇所におきながら、日本各地に取材に行き記事を書いています。

さらに、彼の場合は、ライターのみに留まらず「おきなわ移住計画」の代表や、水上家(すいじょうけ)という場の運営をしていたりと、プレイヤーとしても動き回っているので、知識だけでなくその経験を活かした場づくりも実践している!

知ってるだけじゃなくて、自身も実践しているので、説得力があるのです。

大見謝さんのブログ→OTTO

第1部…そもそも移住って。

今回は2部構成でお話いただきました。

1部は改めて、「移住」の考え方をお話してもらいました。

imgp3758

ほとんどの人が移住に関する仕事、活動をしてる方でしたが、改めて整理して聞くと、目からウロコなお話がいっぱい。

中でも、みなさん印象的だったのは「移住(定住)には段階がある。」という部分でした。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-02-0-55-00

情報発信をして呼び込むところから始まる。

このステップがないとそもそも出会えない。さらには、どういう人に出会いたいかで情報発信の仕方、媒体、内容、全て違ってきます。

「とりあえず移住者求むー!!」

という感じになってしまいがちですが、素敵な人が集まっている場所にはしっかりと仕掛けがあるのです。

紹介してくれた事例

マチノコト

京都移住計画

仕事旅行

第2部…各地の仕掛け。

さらに2部では、各地の仕掛けの実例とその結果(現状)の紹介をしてくれました。

マネできるとこと、アレンジできるところ。

imgp3780 自分たちの町に合う取り組みを実践していきたいと思います!

そこらじゅうに溢れている「移住」という言葉。

この言葉を使わず活動している事例が印象に残った方も多く、確かに私も「移住」ってなんだか重い言葉だなと感じていたり、実際に大山に移住してきた当時、移住したという認識は実はあまりなかったり。

この「移住」という言葉に縛られていたなぁ…

紹介してくれた事例

上毛町ワーキングステイ

はじまりのローカルコンパス

 振り返り。

今回のお話を聞いて、自分がどのポジションにいて、どの段階にいるのか。

何をしないといけないのか、何がしたいのか。

実際に大見謝さんのように2拠点、多拠点居住の人も増えてきています。

どんな人にきてほしいのか、考えるとても良い機会になりました。

imgp3758

皆様のおかげで終始和やかな会となりました。

imgp3795

大見謝さん。

ありがとうございました!!!

企画、運営を支えてくれた志穂さん、中村さん、松井さん。

ありがとうございました!!!

来てくれた皆様。

ありがとうございました!!!

 しれっと告知。

やる気がみなぎる薮田。

ということで、のまど間といえば、ブロガーインレジデンス(となるように、)常設企画にすることにしました!

なるべくフレキシブルに対応したいと思っていますので、ご興味ある方お気軽にご連絡ください!(改めて告知もいたします。)

Pocket

のまど間BLOGについて

鳥取県大山町にある田舎暮らしの入門道場「のまど間」からリアルな田舎暮らし情報をお届けします。

RSSを登録

follow us in feedly