家族で集まって一緒に!なるべくお金をかけない門松の作り方

書き手プロフィール
円岡 操夫
昭和29年生まれ。円岡造園代表。 大山町(旧中山町)生まれ、大山町育ち。 熱狂的タイガースファンで、米子応援団の団員。 約60年間の田舎暮らしで培ったノウハウをお伝えしていきます。
Pocket

かつて門松を買っている家なんて一軒もなかった。

年末年始、家の門口に対に立てる門松は皆さん、ご存知ですよね?この門松、田舎なら自分の手で作れてしまうんです。今は随分減ってしまいましたが、むしろ私が小さい頃はどの家も自分たちで作っていましたよ。以前、「家財にもオモチャにも七変化!竹の安全な伐採法&活用法」という記事で竹の伐採法をお伝えしました。

門松のメインは竹。竹さえ入手し、うまく切ることができれば門松作りの8割は終わったようなものです。あとはあるもので代用可能。「本当に門松なんて手作りできるの?」なんて訝しがらず、とにかくやってみましょう!基本の材料は以下の通りです。

misao4-1

     適当なサイズ×2
     大×2本
     適当なサイズ×2
ペール缶(丸バケツでも可)  ×2
     各ペール缶×2にぎっしりの量
藁こも   ペール缶2缶を巻ける程度
藁なわ   数メートル
葉牡丹   紅×2 白×2
千両、万両 どちらも適当なサイズ

こちら大山町では、藁こも と 藁なわ以外全て無料で手に入ります。もちろん、色々な人に声を掛けなければなりませんし、現実的に全てを収穫するのは難しいでしょう。でも、今の時代、花屋やホームセンター、100円ショップで何でも手に入ります。造花でも不恰好でも安くても問題ありません。家族みんなで作ることに価値があるじゃないですか。早速、始めましょう!まずはペール缶の中に入れていた砂をいったん出しましょう。次はメインの竹切りです。

misao4-2

作業の8割を占める竹切りが出来栄えを左右。

よく水洗いして拭いた竹を大中小の3サイズに切ります。対なので計6本必要ということ。今回は、大=110cm 中=100cm 小=85cmとしました。もちろん、サイズに決まりはありません。竹の頂点から20cmほど下げたところに鉛筆などで印をぐるりと刻みましょう。後は頂点とその印を結ぶ線を切るだけ。コツは、最初にノコの歯を何度か当てて切り込みを入れること。一度で切ろうとしても失敗しがちですし、竹をいかに綺麗に切るかが見栄えを大きく左右します。ここは慎重にやりましょう!

misao4-3

竹を切り終えたら、余った竹で筒を二つ作りましょう。これは花を挿すために使います。さあ、大中小の3本の竹をペール缶に入れたら、縄を使って束にします。これは仮結びなので、すぐほどけるように。花用の筒を入れたら、ペール缶に砂を入れて竹の位置を決めます。左右対称を意識するのをお忘れなく。場所が決まったら仮の束をほどきます。

misao4-4

続いて、適当な大きさに切った松を竹と一緒にくくります。竹がメインなので、松は少し小さめがいいでしょう。ここでは、しっかり垣根結びで結んでください。

misao4-5

センスを活かして楽しくデコレーション。そして、設置!

ここからは花を置いていくので、完全にセンスの世界です。まず竹筒に梅を入れます。これで松竹梅。なんて縁起がいいんでしょう。これだけではありませんよ!赤い実と黄色い実を付ける花は、千両と万両という名前。手前に置く葉牡丹は赤と白、つまり紅白。めでたいものが揃い踏みなんです。もちろん、別の花や造花でも大丈夫。100円ショップで買える獅子舞のおもちゃなど飾り付けは自由です。あなたのセンスをフルに活かしてください。

misao4-6

さあ、仕上げです。ここまでこだわってやってくると、ペール缶やバケツがむき出しになるなんて許せなくなっているはず。そこで、こもの登場です。こもとは、マコモを粗く編んだむしろ。今は藁を使っていますね。これをペール缶の上1センチくらいの高さに来るように巻きます。

misao4-7

misao4-8

缶をぐるりと巻き、余ったら下に這わせましょう。ここでも藁なわで垣根結びをして、ほどけないようにしましょう。結び目は前に置きます。

misao4-9

玄関に左右対称に置いて完成です。そうそう、ここで隙間に満たすように砂を入れ、さらに水を含ませます。重くなりますから、これは所定の位置に移動させてからやるのがいいでしょう。こぼれた砂の掃除もお忘れなく。やっぱり門松を置くと、空気がピシっと張りますね。これで年が越せるというものです。なお、置く時期ですが、12月13日以降であればいつでもいいとされています。そして、しまう時期ですが、一般的に松の内は1月7日までなので、その日まで飾ります。私らの地域では、1月のどんどさん(どんど焼き)で焼くまで飾るのが一般的です。

どうでしたか、皆さん。そんなに難しくないでしょう?ぜひ一度、手作り門松を家族の皆さんで作ってみてくださいね!

misao4-10

構成:矢野竜広

操夫の覚書き

・材料にはこだわり過ぎず、あるもので作ろう!
・竹は何度か切り込みを入れて、美しく切る。
・12月13日以降、どんど焼きまで飾るのが一般的!
Pocket

のまど間BLOGについて

鳥取県大山町にある田舎暮らしの入門道場「のまど間」からリアルな田舎暮らし情報をお届けします。

RSSを登録

follow us in feedly