大山町発 絶品バーガー!ビッグマウンテンバーガーを食べてきました

書き手プロフィール
矢野竜広
1980年生まれ。会社員コピーライター、放送作家を経てフリーランスに。2013年、住み慣れた東京を離れて鳥取県へ。自宅にオフィスヤノを構え、WEBデザイナーの妻とともに夫婦で在宅ワークにいそしむ。無類のビール好き。 ブログはビアエッセイ・ドットコム。ツイッターのフォローはこちらから。
Pocket

今夏、大山寺の参道に「KOMOREBITO」という観光拠点が誕生。
その2Fにサンセットカフェがオープンしました。
「どうやらハンバーガーがすごいらしい…」という噂を耳にしつつ、
なかなか訪問する機会がなかったのですが先日、
ついにバーガーデビューすることができました。
 

バーガーだけじゃない!魅力的なメニューが揃い踏み。

KOMOREBITOがあるのは大山寺参道のまさに入口。大山博労座駐車場のすぐ横で、以前「こもれび館 大山の森」があったところです。

1階には大山町観光案内所があり、大山観光について様々な情報を発信しています。

この上階にあるのが今回の目的地、「サンセットカフェ」です。中に入ると…

忙しく店を切り盛りしているのは小谷英介さん。何を隠そう僕の義弟であり、「のまど間」を立ち上げたファウンダーでもあります。今回、お店について色々と聞いてみました。まずは早速、ハンバーガーのこだわりについて。
 
「ハンバーガーはバンズとパティが命なので、その両方にこだわっています。バンズは大山こむぎを使用したサンセットカフェオリジナル。そして、パティは店内でスタッフが丁寧に手ごねで作っています。あとはトマトですね。日南のトマト農家シゲさんの絶品トマトを使用しています(※季節によって使えないときもあり)」
 
珍しいのがソースを選べること。デミソースと照り焼きソース、どちらもシェフ特製とのことで迷ってしまいます。今回は家族で訪れたので2種類とも楽しむことに。メニュー表を見ると、ハンバーガー以外にも魅力的なメニューが揃い踏み。英介さんにハンバーガー以外のおすすめも聞いてみると…

「タコライスやロコモコ、大山ハーブ鶏のロコからなど色々あり過ぎて選ぶのが困ります(笑)。冬からの新メニューの大山ブロッコリーのグラタンスープセットも次回はぜひ食べてもらいたいです。地元で採れた大山ブロッコリーを贅沢に使ってスープにしています。
全てではないですが、できるだけ地域内でお金がまわるように、地産のものを使うようにしています。全体を通じて意識しているのは、普段家ではあまり食べないもの、ということ。このお店は、観光客向けと言うより、地元の人に楽しんでもらえるお店にしたいと思っていますので、いつも皆さんが家で食べているような健康的なメニューではなく、少し栄養のバランスが悪いかもしれないけど、たまにどうしても食べに行きたくなる、“非日常食”なメニューをめざしています」

 
との答えが。家では食べられないハンバーガー、一体どんなものなのでしょうか?
 

重層的な美味しさに自然と笑みが。

のんびり待っていると、どーんとやって来ました。ビックマウンテンバーガー(ポテト付)。

目にも美味しいバーガーを思い切り頬張ると、重層的な美味しさに自然と笑みがこぼれてしまいます。
まず肉の風味とソースの味わいが絶妙なバランス。そこに新鮮なトマトと玉ねぎの甘み、レタスのシャキッとした食感が噛むごとにプラスされ、さらにバンズの小麦の香りも乗ってくる…そんな噂にたがわぬ完成度の高いバーガーです。細切りのポテトもカリッと揚がって絶品!
 
嬉しいのがランチタイム(11:00~14:00)はコーラ、ウーロン茶、オレンジジュースだったら1100円で追加料金なしで飲めるところ。コーヒー党の僕はプラス100円のコーヒーをオーダーしましたが、これも美味い!
 
カフェだけにフードのみならずドリンクにもこだわっていて、山陰の有名カフェ「LA BAR」とのコラボで厳選された豆のスペシャルティーコーヒー、カフェモカ、生姜ラテなどの本格的なエスプレッソメニューや、大山町陣構茶生産組合の橋井さんとのコラボで有機栽培のとっとり紅茶も提供しており、ドリンクだけでも楽しめます。

 

ガレージのような不思議と落ち着く空間。

店内は広々、すごく贅沢なつくりになっているので、ゆったり寛げます。

ソファがフカフカで子ども達も喜んでいました。このインテリアについても英介さんに聞いてみました。

「ピカピカに綺麗な場所ではなく、元々の建物の壁や床を活かして寄せ集めの家具を配置したガレージ的な雰囲気にして、照明やビッグテーブルなどでアクセントをつけることで、予算を抑えながらもゆっくり落ち着ける空間になりました」
 
なるほど、ガレージのような雰囲気が確かにあります。店内を歩いてみると興味深いものに目が留まりました。

これは大山トリップカードというもので、大山周辺の素敵なモノ・コトをオリジナルのアートワークで紹介する無料の案内カード。英介さんが「普通のパンフレットではない、楽しみながら大山の魅力がわかるツールが欲しかったんです」と話すように、大山の魅力が温かいアートワークに詰め込まれていて、眺めているだけで楽しくなってしまいます。
 
今後も継続していくために募金ボックスを置いているのですが、「想定を超えるペースで寄付が集まっています」とのこと。カードというアイディアといい、寄付という運営方法といい、原点に返ったような新しい取り組みに感心してしまいました。

そして、サンセットカフェと言えば眺望。日本海と大山が一度に拝めるテラスは山陰屈指の絶景ポイントです。今後は今よりもっとイベント開催の数を増やしていきたいそう。

「サンセットの時間帯に合わせて、もっとイベント企画していきたいです。その中でも、やはり世界のビールを集めたビールバー企画はやりたいですね。ぜひ協力をよろしくおねがいします」

ぜひぜひ!というわけで、美味しいハンバーガーが食べられるだけでなく、今後もイベント盛りだくさんのサンセットカフェに大山町民の皆さん、要注目です!
 
 
<店舗情報>
KOMOREBITOサンセットカフェ
住所:鳥取県西伯郡大山町大山45-5 KOMOREBITO 2階

TEL:050-5241-2022
営業時間:秋季(10月〜11月)LUNCH:11:00-16:00/CAFE:17:00-19:00
     冬季(12月〜3月)LUNCH:11:00-14:00/CAFE:15:00-18:00
定休日:水・木
お店の情報はFacebookページにて発信中!
 

Pocket

のまど間BLOGについて

鳥取県大山町にある田舎暮らしの入門道場「のまど間」からリアルな田舎暮らし情報をお届けします。

RSSを登録

follow us in feedly