色々な節目を迎えつつ2020年を展望する*ライターの移住月記

書き手プロフィール
矢野竜広
1980年生まれ。会社員コピーライター、放送作家を経てフリーランスに。2013年、住み慣れた東京を離れて鳥取県へ。自宅にオフィスヤノを構え、WEBデザイナーの妻とともに夫婦で在宅ワークにいそしむ。無類のビール好き。 ブログはビアエッセイ・ドットコム。ツイッターのフォローはこちらから。
Pocket

2019年が終わる。今年も色々なことが起きた。
来年の2020年は東京オリンピックがあるだけでなく、
個人的に40歳になるという割と節目の年。
ここで色々考えてみることにしたい。

フリーランス10年、田舎フリーランス5年。

よくよく振り返ってみると、
僕が前職の広告制作会社を退職し、放送作家事務所に所属したのが2009年。
事務所に所属してはいたがフリーランスの身になって10年ということになる。
鳥取に移住してほんの一時会社員的に働いたこともありながら、
基本的には10年間フリーで働き続けてきた。
2014年からは大山町を拠点に活動を始めたので、田舎フリー生活も5年。
なんだかんだで色々な節目を迎えたなあと感慨深いものがある。

もう一つ個人的に大きいのは来年、上の子が小学校に入学すること。
下の子も4歳となり、未満児から年少さんになる。
たまたまこの記事の執筆時は下の子が保育園を休んではいるが、
そういうことはだいぶ減ってきた。
上の子もかつては体調を崩して休むこともあったし、
行きたくないと駄々をこねるので保育園を休ませることもあったけど、
最近は全くそういうことがなくなった。

簡単に言うと、子ども達が成長し、物理的に世話をする時間もだいぶ減ってきている。

これまでは子どもと一緒にいることを生活の軸にしていた。
会社員という選択肢を選ばなかったのはもちろん、
どこかのオフィスに常駐する働き方とか出ずっぱりの仕事は避け、
家の中で完結する仕事を中心に組み立てていた。取材の仕事はライターの核だからするけど、
それメインにはならないようやって来た。

育児軸足モードからの緩やかな脱却を。

だからこそ、子ども達が病気になったら僕が病院に連れて行くことができたし、
(今回の次男の病気でも昨日、僕が病院に連れて行った)
定期的な検診とかに同行することもできたし、おそらく世間一般の父としては考えられないほど
子ども達とは長く一緒の時間を過ごしてきたように思う。

下の子は言ってもまだ3歳で、今回のように急に
「高熱が出たのでお迎えお願いします」と言われてもおかしくない。
上の子だって言っても小学1年。まだまだ親に甘えたいだろう。
だからいきなり劇的に仕事のやり方を変えるつもりはない。

でも、新生児の子がいるときみたいに家にいる必要もなくなってくる。
自分の仕事の幅を広げるためにも、外に出る機会を少しずつ増やしてもいいのではないか。
今はそんな気持ちでいる。

2019年は、
隔月でちょいクラ(ちょっとずついろいろなクラフトビールを飲む会)を開催できたし、
『山陰クラフトビール』を出版できたし、様々なメディアでビールに関する記事を書くことができた。
ビールのブログもちょこちょこ書いている。
以前はもっとビール関係の仕事量を増やしたい!と思っていたけど、
ありがたいことに実際にビール関係の仕事が増えてくると、
仕事がビール一色になるのはそれはそれで怖いな…という気持ちになる。

そろそろ新しい仕事を取り入れる時期。

レギュラーの取材案件やこのブログ、
放送の仕事などの各種案件はこれまで同様に取り組み続けたい。

一方、2020年はこの生活に何か新しい仕事を加えたい気持ちが強い。
候補は以下のようなものが考えられるだろうか。
・がっつり執筆案件
・山陰を中心とした西日本全域の取材案件
・動画案件
・それ以外の全く新しい何か

単発の取材案件ではなく、
リモートワークまたは近場のオフィスでがっつりライティング案件に
関わるのも最近やっていなかったのでまたやりたい。
取材については関西や四国、九州、関東まで足を延ばす覚悟はある。
こういうのこそ子どもの手が離れつつあるからこそできる案件だ。
動画については、ライターにとって写真撮影が必須技能になったように、
今後、必須技能になりそうな気がするのでやっておかねばと考えている。
自分が想像していなかったようなオファーも、
育児に軸足があると及び腰だったけど、とりあえずやってみようと思える。

…来年の今頃はどうなっているのだろうか。
こんな風に少しずつ幅を広げた先に、
海外探訪記(自分が本当にやりたいこと)を
当たり前のようにこなす日々があると僕は信じている。

Pocket

のまど間BLOGについて

鳥取県大山町にある田舎暮らしの入門道場「のまど間」からリアルな田舎暮らし情報をお届けします。

RSSを登録

follow us in feedly