大山町で過ごす8月がすごく充実しているのに息子は…*ライターの移住月記

書き手プロフィール
矢野竜広
1980年生まれ。会社員コピーライター、放送作家を経てフリーランスに。2013年、住み慣れた東京を離れて鳥取県へ。自宅にオフィスヤノを構え、WEBデザイナーの妻とともに夫婦で在宅ワークにいそしむ。無類のビール好き。 ブログはビアエッセイ・ドットコム。ツイッターのフォローはこちらから。
Pocket

サマーレジャーの宝庫、大山町。

7月7日に次男が生まれたということもあり(あ、心の中でのご歓声ありがとうございます)、この夏は遠出ができないな~と思っていた。

そんなちょっぴり消極的な気持ちで迎えた8月だったけれど、自分がいる大山町は東京の人から見たら長期休暇を使ってでも訪れたいニッポンの田舎じゃん!と思い直し、大山町の夏を満喫することに。まず訪れたのは町内が誇るレジャー、ブルーベリー狩り。
1

2

訪れた日の気温は35℃近く、レジャーというよりは過酷な肉体労働の様相を呈していたが、なんとかカゴいっぱいの実をゲット。ジャムにしたりして楽しんだ。

ただし、暑くてもこちらでは問題ない。海も川も泉もあるからである。

3

4

5

海が琴浦町で、泉は伯耆町だけどこの際いいじゃないか!

小さな頃、田舎の高知県中村で川遊びをしたり、海へ行ったりするのが都会っ子の僕には楽しみだった。それでも帰省はせいぜい1週間。東京に帰る日が近付くと「帰りたくない!」とぐずったものだった。そう考えると、夏の間じゅうずっと田舎にいられるというのは、本当に夢のようなことだ。

家でも楽しめてしまう。スイカも食べ放題!

出かけなくても自分の家や友人の家でも楽しめてしまうのが大山町のいいところ。庭で子どもはプール、父親はビールを楽しむことができ、“プールもビールも冷えてます”状態が味わえる。

6

友人宅のパーティーに誘われたら、そこはもはやBBQ&プールの楽園で軽い遊園地級の盛り上がりを見せているのである。もちろん、夜は花火付き。

7

食材もすごい。夏野菜もたくさんいただけるし、スイカに至っては収穫まで楽しませてもらった。

8

9

お風呂上りに毎日スイカを食べる。東京ではブルジョワ世帯のみに許される貴族的行為だが、大山町では割と多くの世帯がやっているのではないか。

写真では撮れなかったけど、先日のペルセウス座流星群襲来のときには近所の広場に出かけ、芝生の上に寝っ転がってたくさんの流れ星を見ることができた。

10

真に息子の心をつかんだものは米子にあった…

思いのほか大山町の夏は素晴らしいことがわかった。これぞ日本の夏!そう思える経験がたくさんできた。

ところがである。

息子が気に入り、二度も訪れた場所は大山町内にはなかった。お隣、米子にそれはあった…

11

12

米子天満屋5階てんまやホールで夏の間だけ開催されている『トミカ・プラレールフェスティバル』である(Tシャツの色が一瞬で褪せたわけではなく、きちんと2回行ってる)。

このイベント、レシートがあれば2回目以降の入場券が半額になるのだが、まさか2度も行かないだろうと捨ててしまった僕は痛い目に遭ってしまった。子どものトミカ・プラレール欲は見くびらない方がよいだろう。

トミカ・プラレールも素晴らしい。だが今後、大山町の豊かな自然で遊ぶことを何よりも大切にする、そんな子に育って欲しいと父は願うのである。ま、こんな悪い顔してたら聞く耳持たないかな…。

13

Pocket

のまど間BLOGについて

鳥取県大山町にある田舎暮らしの入門道場「のまど間」からリアルな田舎暮らし情報をお届けします。

RSSを登録

follow us in feedly