ビールの化身登場!?サンデービールテント@かあら山が開催されました

書き手プロフィール
矢野竜広
1980年生まれ。会社員コピーライター、放送作家を経てフリーランスに。2013年、住み慣れた東京を離れて鳥取県へ。自宅にオフィスヤノを構え、WEBデザイナーの妻とともに夫婦で在宅ワークにいそしむ。無類のビール好き。 ブログはビアエッセイ・ドットコム。ツイッターのフォローはこちらから。
Pocket

夏の終わりにビール祭が行われました!
場所はふれあいの郷かあら山の園庭、
出店は僕ら楽しもなかやまサンデービールテント実行委員有志。
2つの地域自主組織のコラボ企画、
なかなかに盛り上がったのでレポートします!

まずは2つの地域自主組織の紹介をば。

地域自主組織「ふれあいの郷かあら山」は2012年設立。
大山町の10エリアの中でいち早く立ち上がった、
高麗地区の地域自主組織です。
憩いカフェPINK DRAGON CAFÉの運営や
定期的な健康体操の実施を始め、
タブレット講習、薬膳料理講座、トランポロビックスなど
たくさんのためになる講習会や各種講演会といった
多種多様なイベントを開催していて、
とにかく活気に満ちているという印象があります。
(ダラズプロレスを呼んでイベントしたことも!)
 
一方、こちら下中山地区の「楽しもなかやま」は2016年設立。
コミュニティ食堂tanocyや宿泊施設 友好館の運営をはじめ、
海岸清掃や落語イベントなどを開催している地域自主組織です。
酒好きが多いこともあって「サンデービールテント」
というビアガーデンイベントを昨年から開催しています。

今回のイベントはふれあいの郷かあら山さんが
地元でサンデービールテントを!との思いで実現。

「中山地区で大人気のビアガーデンがかあら山にやってくる!!」
と中山地区で大人気扱いしてくれてありがとうございます!
という感謝の気持ちに満たされながらかあら山を目指しました。

ビール屋に加えて焼鳥屋、おつまみ屋も!

ふれあいの郷かあら山の園庭に到着すると山がお出迎え。

この山、実は大山じゃなくて高麗山なのです!
高麗地区では昔から、高麗山を親しみを込めて「かあら山」と呼んでいるそうです。
(若干一名陽気な方が映っていますが、後でもっと陽気になります)


さくっとセッティングを済ませてビールの準備はOK!
今回は
・グロールシュプレミアムヴァイツェン
・隅田川ゴールデンエール
・ブルックリンラガー
・ギネス

のビール各種に加えて、サワー各種、日本酒、焼酎、ノンアルビール、
ソフトドリンクというラインナップを揃えました。

フードは持ち込みOKでしたがお隣で焼鳥屋「やきとりいそやん」も出店。


これがもう激旨。完全にプロの味でした。
(プロではないはずですが…)

さらに、おつまみ&おやつの出店も。
10円からチョイスできるのは有難いですね。

5時を過ぎた辺りからお客さんも賑わい始めました。

あなたの町でぜひサンデービールテントを!


本家のサンデービールテントは8月5日のド昼間に開催されたため、
あまりに暑かったのですが、この日の夕方は25度くらいと快適。
皆さん、次々にビールを飲んでくれました。勢い余ってビールの化身も登場。


皆さん大きな声で「乾杯~!!」とやってくれましたが、
ほんのり引いていたような気がしなくはありません。
でも、勇気ある方はグラス片手にビールの化身に
近付いていたのが印象的でした。

子ども達もたくさん来ていて、スイカ割が始まったり、
ござの上でBBQを始める家族がおられたりと
皆さんそれぞれのスタイルでビールを楽しんでいて
とても嬉しかったです。

地域自主組織同士の交流って大変だし、
何で交流するのか?というところで迷いもあるかもしれません。
でも!ビールを通じたこうした気軽な交流から
始めてみるのは意外とあり!だと思いませんか。

我が地域にもサンデービールテントを!という方がいましたら、
ぜひお声がけください。もしイベント当日が土曜だったら
「サタデービールテント」に名前を変えて出店しますよ(笑)

Pocket

のまど間BLOGについて

鳥取県大山町にある田舎暮らしの入門道場「のまど間」からリアルな田舎暮らし情報をお届けします。

RSSを登録

follow us in feedly