田舎暮らし節約術!広くて快適なリビングを無料で確保する方法

書き手プロフィール
漁師中村
埼玉県出身。15年前に素潜り漁師になるために大山町へ移住。漁師として独立後は、株式会社漁師中村を設立し、ワカメ商品の開発など6次産業化に取り組む。まちづくり団体「築き会」の設立に関わり現在は副代表。朝はサザエやアワビを採り、昼は移住相談窓口の責任者として案内をする日々。
Pocket

15年前に田舎に移住してきたときの貯金はわずか2万円。

家にテレビは無く、居間のテーブルもダンボールで代用。
自宅のリビングは居心地の良いものとはいえませんでした。

そんなとき、公共施設の存在はとてもありがたいものでした。
タダで広くて快適な空間を楽しむことができたからです。

今回はそんなお気に入りの公共施設をユーモアをまじえてご紹介します。

生活創造館は、無料で使えるリビング空間です。

今回ご紹介するのは生活創造館。

「美肌の湯」で有名な中山温泉の横にある建物です。

さあ、さっそく中に入ってみましょう。

IMG 0283

入り口で遭遇した知り合いのスタッフさんとピースしてぱしゃり。田舎ではこのように出会った人とコミュニケーションを楽しみます。

IMG 0285

次に、事務所の部屋に誰がいるか必ずチェックします。お、いたいた、支配人。
新人スタッフの方もいますね。

IMG 0287
IMG 0288

どんな施設でも、支配人やスタッフさんと親しくなること。これが一番大事です。
親しくなってしまえば、大抵の困りごとに相談にのってくれます。
これが漁師中村流の田舎暮らしのコツです。

さて、こちらにご注目ください。
ここでは、新聞が無料で読めます。

IMG 0290

スポーツ報知と日本海新聞。

IMG 0308

スポーツ報知の一面が高橋由伸。
ちょっと、わたしと似てません?

IMG 0291

まあ、そんなことはともかく、こちらが私のお気に入りの席です。

IMG 0292

ほら、視界が広い。
テレビも見れるし、玄関から友人が入ってきてもわかりますね!

IMG 0294

特等席を確保したところで、リラックスモードへ。
おそるおそる靴下を脱いでみます。一気に気分が開放的になります。

IMG 0295

この体勢です。
これならテレビと新聞、どっちも楽しめます。
(流石にスタッフさんも呆れ顔ですが、時には見て見ぬフリをする図太さも必要です。)

IMG 0298

あ、そうだ。ちょっと、すみませ〜ん。

IMG 0301

時計がない。けど、時間が知りたい。
そんな時は、思い切って、親しいスタッフさんに頼ってみることです。

IMG 0307

さあ、次は、マッサージルームへ。

IMG 0312

休憩所のベッド試乗コーナーで、体験マッサージができます。
風呂あがりにこれはありがたい。
ちなみに、私クラスになると10分間お試しを、3連続でお願いした事もあります。

IMG 0314

でも、今日はやってないようですね。残念。

IMG 0313

こんな感じで、家にテレビも、テーブルもなくても、
公共施設を使えば、仕事終わりのリラックス空間を確保することができるんです。

〜今日の中村家の家訓〜

・公共施設を上手に使おう
・スタッフさんと仲良くなろう。
・裸足になる勇気を持とう。
Pocket

のまど間BLOGについて

鳥取県大山町にある田舎暮らしの入門道場「のまど間」からリアルな田舎暮らし情報をお届けします。

RSSを登録

follow us in feedly