世界よ、これが大山町の週末だ!みんなで友好館に集まって楽しいことしちゃいました

書き手プロフィール
矢野竜広
1980年生まれ。会社員コピーライター、放送作家を経てフリーランスに。2013年、住み慣れた東京を離れて鳥取県へ。自宅にオフィスヤノを構え、WEBデザイナーの妻とともに夫婦で在宅ワークにいそしむ。無類のビール好き。 ブログはビアエッセイ・ドットコム。ツイッターのフォローはこちらから。
Pocket

先日、中山温泉にほど近い友好館で
楽しもなかやま主催の草むしり&BBQ大会が
開催されたので、家族で参加してきました!
小ぢんまりとした会でしたが満足度120%でした。

秋晴れの下、カマキリ採…いや、草むしりに勤しむ。

当日は見事な秋晴れ。いわゆる草むしり日和です。
リーダーの高塚さんを中心に仕事の割り振りが行われます。

今回は館内の清掃ではなく、主に友好館前に広がる
芝生スペースの雑草むしりと蜘蛛の巣払い。


子ども達も貴重な戦力。うちの子にもカマなどを持たせました。
(危なっかしくて速攻で取り上げました)
 
途中からなぜか昆虫採集に切り替わり、草ではなく、
カマキリをとることに目的が変わっていましたが、
雑草抜きもなかなかに進みました。
(ビフォーアフター撮らなかったのを後悔…)
 
最後はみんなで集合写真。

なかなかに清々しい週末の一日を過ごせた~
と、この時点でも思うじゃないですか?
 
しかし!これで終わる楽しもなかやまではありません。
 

ただのBBQではなく生ビール付。しかも2TAP!

“楽しも”なかやまですから、お楽しみの時間があるわけです。
友好館から歩いてすぐの上屋付多目的広場でBBQへと洒落こみます。

ここでも子どもの力は絶大。火おこしを手伝ってもらいます。

ビール好きの僕がいるので当然?ビールサーバー付き。
しかも2タップ。
「アサヒ生」と「TOKYO隅田川ブルーイング 琥珀の時間」。
お好きな方を飲める仕上がりになっております。

こんな美味しいビールをただ飲むだけでは面白くない!
草むしりのような労働の後に飲むから美味しいわけです。
そういう意味では、労働は最高のおつまみと言えるかもしれません。

乾杯!!!!
そして、ガンガン肉を焼いていきます。

おにぎりも用意されていたので、
子ども達も大満足でそこかしこに笑顔が溢れていました。
(ボケーっとしてるうちの子の写真で申し訳ありません)


漁師の楽しもなかやま西本会長がいるので、サザエが登場!
さらに、超豪華なアワビも…。

デジカメ出す精神的余裕がなくてもはやスマホですよ。
 
もう楽しくて楽しくてビールを飲み過ぎてしまい、
僕の記憶はここで途切れています。
XJAPANもびっくりのLonging並みの
メロディーの途切れ方です。
 
ここからさらにコミュニティ食堂tanocyで
2次会が行われたそうです。
(僕は気付いたら夜中の1時、ベッドの上でした)

最後、宣伝放り込んできたな!ってツッコミはタブー。

さて、こんな楽しさのポテンシャルに溢れたスポット。
ついでに言うと、
近くに温泉あり、公園あり、図書館あり、飲食店あり…。
そんな友好館は7月から地域自主組織の楽しもなかやまが
町に委託されて運営しております。

以来、フリーでwifiが使えて、友好館入ってすぐのラウンジなら
予約なしで利用可に。ちょっとした打ち合わせや事務仕事
など無料のフリースペースとして活用できます。
コワーキングスペースとしていかがでしょうか。

もちろん、普通に宿泊スポットとして利用することも可能です。

楽天トラベルにも掲載されているので、
よかったらぜひアクセスしてみてください。

https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/167978/167978.html

今後、美味しいビールをテイスティングする会を
友好館でやりたいな~なんて僕は思っていて、
会の名前を男性専用フィットネスクラブ「ブルーディア」に
対抗して「ブルービア」にしようかななんて考えています。
 
家を出る前、奥様に「ちょっとブルー×○△行ってくるよ」と
言ったら「あ、ブルーディアに行くのね。感心感心」と
思われるかもしれませんので。
 
いずれにしても、今後、友好館の動向に要注目です!

Pocket

のまど間BLOGについて

鳥取県大山町にある田舎暮らしの入門道場「のまど間」からリアルな田舎暮らし情報をお届けします。

RSSを登録

follow us in feedly